脳腫瘍で多い病気とは|更年期障害についての正しい知識をつける|適切な治療を受ける為に
男の人二人

更年期障害についての正しい知識をつける|適切な治療を受ける為に

脳腫瘍で多い病気とは

男性医師

こんな症状が出たら要注意

脳腫瘍には沢山の種類がありますが、その中でも特に髄膜腫が大部分を占めています。くも膜と呼ばれる脳を包む膜から起こる事がほとんどですが、その内の約90%は良性腫瘍となります。症状としては、頭部内圧が腫瘍によって高くなる為に起こる内圧亢進症状が出ます。ただし、内圧が高くなるまでには時間がかかるため、症状が出てから発見される事がおおいのが特徴です。また、髄膜腫が発生する場所によって症状の組み合わせが異なりますが、主に嘔吐やめまい、手足の運動障害や言語障害が起こる事があります。また、脳梗塞が発生した場合でも、手の痺れや運動障害が起きるため、指先の力が入らなくなってしまったなどの症状が出た際には、直ぐに病院で検査をして貰う事が大切です。

どんな治療法があるのか

基本的には、髄膜腫による症状が出ていない場合や日常生活に問題がない場合には、外科的治療を行わずに様子を見る場合があります。症状が出ており、日常生活に問題がある場合には、開頭腫瘍摘出術や定位的脳腫瘍生検術を行います。また、病院によっては放射線治療も一緒に行う事もあります。開頭腫瘍摘出術を行う際は、腫瘍すべてを摘出する事が基本となりますが、腫瘍ができてしまっている部位や大きさによって、全てを摘出できない場合もあります。定位的脳腫瘍生検術に関しては、この方法で腫瘍の一部分を摘出し検査を行う事で、今後の治療方針を検討します。そのため、定位的脳腫瘍生検術のみで髄膜腫が完治をするという事はないので根本的治療法と混合しないように注意しましょう。

Copyright© 2017 更年期障害についての正しい知識をつける|適切な治療を受ける為に All Rights Reserved.